Welcome to my blog

ケイの(うだうだ)レシピ・ノート

趣味だけど実用ではない、そんなものなんです。

 ミルクレープ

201701ミルクレープ1

とうとう教室のお菓子コースに手を出してしまった!
と、いうことでお菓子を習ってきました。
初級編のミルクレープ。
初級編らしく生地も破けにくい強力粉と薄力粉の配合で、扱いやすかった。
強力粉が入っているので噛みごたえ、食べごたえがわりとありましたが。

中に挟んでいるのはフランボワーズと生クリームとクリームチーズを使ったクリーム。
これもだれにくくて、塗り直しもしやすくて、初めてでもよい配合だと思いました。

201701ミルクレープ2

ミルクレープの美しさは、やはりこの断面。
生地もクリームも固めなので、冷やせば普通にきれいに切れました。
なかに果物などつぶれやすいものもほとんど入っていないので、余計に切りやすいです。

ミルクレープの思い出は、その昔? 先輩の誕生日に後輩でケーキを作りたい、だけどお菓子はほとんど作ったことがない。
なにが作りやすい? と言われて初心者向けのお菓子の本を貸したことがあったんですよ。
そのときに彼女が選んだのがミルクレープでした。
確かにオーブンもいらないし、特別な材料もいらない。なるほど、と自分にはない発想に「おお!」と思ったことがあるます。
ミルクレープって、この年になるとたまにおいしいけど食べきる前に飽きる、もしくはクリームがだれておいしさを感じにくくなる、崩壊する、というイメージもあるのですが、みんなで作るったりするのは楽しいのかも。
何より、途中でクレープパーティに変更もできるし(笑)

今回のミルクレープは、配合が重たいので、八分の一カットぐらいが適量かもしれません。
ただ、ホールケーキは一人暮らしには何かと大変なの(笑)
一生懸命食べました。これが生クリームが強いクリームのミルクレープだったら食べきる前にダメになっていたと思います。

ミルクレープ、初心者に作りやすい配合でしたが、こころ変更すると上級者用に変身するメニューだと思われます。
でも、クレープ生地はいろいろ応用が利くので、いくつか知っているとお菓子にもごはんにもなる優れもの! だと思っております。
何気におなかにたまりますからね。
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment