Welcome to my blog

ケイの(うだうだ)レシピ・ノート

趣味だけど実用ではない、そんなものなんです。

 京都冬の旅

旅行とか、食べ物以外がメインの投稿の時は、カテゴリが「白迷の宮から出張中」を使うのですが、最近自分のHPが全く稼働していません。
そろそろ整理してシンプルにしなければと思いつつ、すでにHTMLファイルとかいろいろ忘れている。
作っているときは大変試行錯誤してやっていたのになぁ(笑)

さて、1月の三連休の最後。成人の日に京都観光してきました。
友人たちと「京都市観光協会」が企画している「京の冬の旅」というものを頼りに、

島原 角屋
201701京都1
201701京都2

島原と言えば遊郭とか花街というイメージがあるかな? と思いつつ、ディープに知っている人はすごく知っているし、知らない人は「なんかきいたことある」ぐらいかと。
新選組のファンの方たちなら、いろいろ知っているか。
私も歴史には疎いので、ふんわり知っていたことを補足してきました。
角屋は「揚屋」で、宴会どころ。
宴会を開くためのお料理を作るかまどがどーんとあり、天井はそのころ薪で煮炊きしていたことがうかがえる、炭で黒くなっておりました。お部屋とか、お庭とか、いろいろ素敵なつくりを見てまいりました。

201701京都3
お庭の松。
後ろは茶室。
素敵なお庭でした。

201701京都5
そして、モクモクでバイキングでお昼をして。

次は知恩院。
京の冬の旅は非公開の文化財を特別公開しているところを対象にしているので
ここでは鶴の間、菊の間、などを見ることができました。
残念ながら、この辺りは撮影不可。鶴の間は大広間で、屏風に鶴が描いてありました。
浄土宗総本山にふさわしく? 豪華さと身分社会を押し出した作りでした。
余談ながら、鴬張りの床がギシギシ鳴るのを楽しんできました。おお、昔の防犯。
徳川家康の力が存分に表れています。浄土宗のお寺なので、普通に法事もされてました。
騒がしい観光客ですいません。
説明をしてくださったガイドのおじさんがお茶目で楽しかったです。

201701京都9
雨だったので、ちょっと滑ったら大惨事の男坂。

201701京都10
優しく緩やかな女坂。

ちなみに、男坂は見上げる角度で撮るとそこまで怖くなかったです。

201701京都7
お庭は撮影できました。
色々な方が木を植えている……。

201701京都8

もう梅が咲いてる? と思いきや、まさかの桜。
狂い咲きなのか、それとも緋寒桜なのか……わからず。
今年、正月からこちら温かかったのでねぇ。

最後は豊臣秀吉とねねの寺で有名な高台寺。
ここ、ほんとうにねねさまが眠っていらっしゃると聞いてびっくりしてました。
そうなんだ←歴史に疎い。
201701京都11
201701京都12

斜めっていてすいません。
枯山水が美しかったです。わびさび。
ちなみに、茶室の時雨亭と傘亭も見れましたが、保存状態どうなんだろう? というちょっと写真とのギャップのある寂れ方を。
下手にどうにもできないんだろうけど。

201701京都13

上まで登って京都一望。
下に写っているのが傘亭と時雨亭です。

御朱印ももらって、楽しい京都観光でした。
わりと正しい京都観光でもあります。
三か所回ったので、お茶を一杯サービスしてもらえました。
ホットのグリーンティーが甘くて染み渡る(笑)

またほかも行きたいものです。



スポンサーサイト

2 Comments

月青  

知恩院!

おはようございます。
京都は・・・・・、しばらく(ン十年)行っておりませんね。

浄土宗の総本山知恩院へは、ハハがお寺さんのツアーで参っていますが、
家族はそういう意味では全然行ったことがありませんです。
男坂は歩けないかも。。。(汗)
高台寺は興味津々。
ねねのお墓があるのですか!?
京都はいいですねえ、ってワタシ奈良のほうが行ってみたいかも。

いろいろ片づいたらゆっくり旅行なぞしたいものですが、
旅行慣れしていないから億劫でいけないかも。

2017/01/16 (Mon) 08:14 | EDIT | REPLY |   

ケイ(長月朧)  

Re: 知恩院!

おはようございます、月青さん。
京都はお隣なのでわりと行きますが、久しぶりに観光してきました。
知恩院は初めて……なかなか道のりが遠かったです。

> 男坂は歩けないかも。。。(汗)

その日、雨だったので「滑ったら大惨事だ!」と男坂は遠慮しましたよ。
上から見たときの恐怖! 登りはともかく、下りは避けるのがよろしいかと(笑)

> 高台寺は興味津々。
> ねねのお墓があるのですか!?
> 京都はいいですねえ、ってワタシ奈良のほうが行ってみたいかも。

そうなんです、「ここにねねさまが眠っておられます」と案内されました。
お墓というか、お堂でした。ねね像の下にお眠りになっているようです。
奈良にもぜひ~。京都と違って観光名所が点在していて、移動が面倒なのが難点ですが。
ご案内しますよ(笑)←というほど詳しくはありませんが。

でも、確かに旅行は億劫な点も多い。
あそこ行きたい、と思っているときが一番幸せかもしれません(おい)
しかし、機会があればぜひ~。

2017/01/18 (Wed) 06:36 | EDIT | REPLY |   

Add your comment