Welcome to my blog

ケイの(うだうだ)レシピ・ノート

趣味だけど実用ではない、そんなものなんです。

Archive: 2013年05月

 金毘羅山に登ってきました

五月。薫風さわやかな過ごしやすい月ですね。金毘羅山、奥ノ院です。体力のあるうちに登りに行こう! と友人と行ってまいりました。意気込んでいきましたが、サンダルやビーサンで登っている人とか、仕事帰りのスーツ姿みたいな人とか。かるーく登って、軽く降りてきておられました。ちなみに、思ったほどはしんどくなかったですよ。友人は死にかけてましたが。お参りのいぬ。その昔、金毘羅詣でが難しい人は、犬にたくしたそうな...

 フォカッチャ

イタリアのパン。そういえば、イタリア料理系を食べに行ったときには結構出てきた…ような気がする。油脂分が少なめのパンなので、乾燥しやすい。捏ねすぎ注意!あまり叩かないほうがよいそうです。これと言って特筆するようなことはないと思いますが、最初に食べたとき、もっと固めのパンかと思っていましたが、あんがいふわふわなんです。ちなみに手前が黒オリーブを埋め込んであって、奥のほうはにんにくスライスをトッピングし...

 生クリームブレッド

生クリームを練りこんだ、コクのあるパン。そのほかは何の変哲もありませんが、おいしいです。教室では40%の生クリームを室温にして使ってました。生地の美味しいパンです。教室ではトヨ型を使っていたのですが、食パン型で作りたいかも。ただ、下手すると膨らますのが大変かもしれない。混ぜ物の多いパンは膨らみにくくなるので。まだ自力では挑戦していないのですが、いつかせねば。・・・前回そう思って生クリームを買ったのに...

 パン・オ・セーグル

セーグル = ライ麦つまりはライ麦パン。これも生地の美味しいシンプルパン。インスタントドライイーストと一緒に粉末サワー種を使いました。なければ同量のライ麦で。粉末サワー種を使うと酸味が増します。酸味を楽しむパンとして配合されているようです。あと、はちみつも入れて保湿をアップ。付け合わせにフルーツコンポートを一緒に作りました。ドライフルーツを白ワインと砂糖で煮詰める。ジャムほど濃厚ではない、でも結構...

 クグロフ&パン・デピス

私がまえまえからほしいと思うものに、このクグロフ型があります。パンではなくて、お菓子の型としてほしいと思っていたわけですが、パンでもいいですね。ああ、一個あればどちらにも使えますから。クグロフ型って、ほんと華やかになるんだよなぁ。こう、贈り物にするのによいんですよね、これ。まぁ、失敗すると最悪ですが。型ものってそういう感じなの。型から出す時に失敗すると、それはそれは悲惨です。形が美しいのが利点なの...

 チャバタ

チャバタ トマト&オリーブという名前でしたので、赤い色をしています。本来は普通に白いパンです。チャバタ=赤じゃないよ。イタリアのパンで、靴の中敷き、とかスリッパの意味らしい。そんなかんじの、でーんというか、のーんというか、そんな擬音語であらわしたい関西人。軽い触感で、パクパク食べられます。トマト味が付いているので、そのままいける。なかにベーコンとかチーズもおいしい、らしい。油分もオリーブ油。これは...

 カレーパン&ドーナツ

カレーパンとドーナツは同じ揚げ物系で一緒にレシピになっておりました。ある意味、一回で二度おいしい。ちなみに、カレーパンの中身はレトルトです(笑)やはり揚げ物は上げた手が一番!ということで、カレーパンは大変おいしいです。やけどしましたけど。舌。ドーナツのほうは冷ましてからシュガーコートをかける。砂糖+揚げ物!なにこの高カロリー!一個でも結構お腹いっぱいになります。揚げ物系の注意点は、揚げたときに一気...

 ミルクティークルート

甘い系のパンです。教室の先生方が「これおすすめなの、おいしいの! 私も何回も作ってます!」と笑顔でおすすめされました。これはフリークラスのパンなので、基本レシピを見ながら作るだけで、先生の指導はない、のですが、暇そうに見えたのかよく話しかけてもらいました。・・・暇なのは先生のほうかな、と今思った。名前の通り紅茶のお菓子。中に紅茶味のクリームが入り、仕込み水にもミルクティーを使います。確かにおいしい...

 ベリーワッフル

ワッフルというと、丸形と角形が思い浮かびますが(そうでもない?)いちおう形はともかく、種類はあるようです。パンケーキのような、ジャムやクリームをつけるタイプをブリュッセルタイプ。そのまま食べるしっかり味の付いたものがリエージュタイプ。今回のこれはブリュッセルタイプです。なかにベリーが入っていますが、なくてもよい。でもベリーは好きだ(私が)。このタイプは味があっさりしているので、配合もあっさりしてま...

 ラウゲンブロート

ラウゲン = アルカリ溶液ブロート = パンアルカリ溶液パンって考えると、微妙になりますが、由来を聞くともっと微妙。その昔、掃除用のバケツに焼く前のパンを落としてしまって、それをそのまま焼いたみたいな。(みたいな?)そんなの焼くか? と思いますが、なにぶん食料の少ない時代でしょう。台所掃除だってことなら下働きになるんだろうし……。そしてその結果がこの表面がこんがり色のなかみもっちりなパンになると。発...