Welcome to my blog

ケイの(うだうだ)レシピ・ノート

趣味だけど実用ではない、そんなものなんです。

Archive: 2009年06月

 シナモンクッキー

パンオザマンド、というのが正式名称?レシピにはそんな名前(笑)シナモンクッキーですが、そんなにシナモンがきつくない感じです。シナモンの香りって、本当になかなか主張を消せないものなんですけどこのクッキーはそこまで感じないかな、と。しかし、では量を入れていないのかといえばそうでもない。案外入ってます。8グラムぐらい。クッキーは30枚ぐらいかな。少ないと思うかもしれませんが、小瓶の半分が無くなりますよ。...

 ケーキバイキング♪

よく行くなぁといわれますが、確かにケーキバイキングに結構行ってるのかもしれません。でも、月代わりだし、同じ所に行ってもいつも食べられるものが違うのですから何度行ってもよいものです。美味しいものは大好きだ★ということで、恒例(?)なケーキバイキング。毎回毎回、今回はもう受付してもらえないかも、とおもう並び具合で、次回行くときはもっと早く家を出ようとみんなで誓い合います。今回は数日前にテレビで紹介など...

 イチゴのコンフィチュール

コンフィチュールと書くと優雅な気分がしますが(私だけ?)実際ジャムと違うのかといわれると、どうなんでしょう?コンフィチュールのほうがジャムよりさらっとした液体っぽい感じがしますがジャムにもさらさらっぽいものはあるので呼び方ってだけでしょうかね。言語の違い。イチゴが3箱1000円の時がありまして、そのとき仕入れてしまったので、それを新しくかった本のレシピに従ってコンフィチュールをやってみましたが!そ...

 ミディ・アプレミディ

最近、私のオーブンブームで良く作っている焼き菓子の本。今、すぐ作りたいお菓子「ガレット」の作者、津田陽子さんのお店。京都か、案外近い。そう思っていたので、一度は行ってみたかった。生菓子系のお菓子よりは、焼き菓子のほうがお店に近い味が出せると思う。なので、ちゃんとレシピ考案者の作ったものが食べたいな、と。これは「おばあちゃまのタルト」。紅茶とセットで¥1100. ちょっと高いかも、と思うのだが・・・...

 サワークリームとバナナのマフィン

サワークリーム。爽やかな酸味のあるサワークリームは、私のなかでお菓子の材料よりもおつまみの材料に分類されていた。なので生クリームを乳酸菌で発酵させるのだから、ヨーグルトみたいなものなわけだが(チガウ)、使い道としてはチーズケーキの時ぐらいかと思ったり。しかし、この爽やかな酸味と甘いバナナが素晴らしくおいしい組み合わせだと、このマフィンで気がつきました。さっぱりした酸味がバナナを引き立ててくれるよう...

 キッシュ

キッシュが好きだ。基本的に、和食のほうが食べ続けることが出来ると思いますが洋食や中華のおいしさも大好きです。パイやタルトは作りますが、キッシュは作ったことがなかったので挑戦。もうちょっと小さくて深皿のタルト型で作った方がよかったかも、ですけれど野菜の沢山入ったキッシュはおいしい。とはいえ、これは何を入れたのか忘れました・・・スナックエンドウは入れたな。うーん。人参とグリンピースは思い出せます。と、...

 クロッカン

卵の白身が大漁にあまったので、これは白身を使った何かを作らねばと考える。・・・どんな理由だと思われようとも、私は白身焼きを沢山食したいとは思わないのだ!ということで、クロッカンに挑戦。クロッカンは、なぜかどこかのパン屋のスナック感覚のパンが浮かぶんですがそれとは別のお菓子です。レシピは旭屋出版の「THE SWEET TRICK」 著:Susumu Koyamaこの前ロールケーキ買いに行ったes小山です。ここのレシピ、明らかにプ...

 パレ・ブルトン

発酵バターのおいしさを心ゆくまで味わえる、風味豊かなガレットです。といううたい文句なので、材料も発酵バターグラニュー糖卵黄バニラビーンズ薄力粉ベーキングパウダー塩と、シンプル。本は渦巻き模様を書いているのですがうまくいかなかったので、適当あ、上には溶き卵がぬってあります。このガレット、卵黄ばかり三つも使うので、かなりの高コレステロール菓子。でも、配るには良いお菓子です。シンプルなものほど、材料と腕...